人材採用・人材育成の戦略パートナー

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

人材・採用育成のパートナー

就職情報研究所

ブンナビ学生アンケート

2019.04.29 【2020卒】学生アンケート調査【4月上旬版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.4月時点での内々定保有率、約25%(昨対比-1.9pt)、内ISに参加した企業は約5割。
  内々定企業のうち、インターン参加企業の割合「はい」51%と約半数はISを経験。

2.IS参加企業への選考参加状況について。70%以上は採用選考に進んだ。
  「ES提出した」19.9%、「面接受けた」18.9%、「説明会に参加」13%、「進まなかった」は12%。

3.志望企業の絞り込み「第一志望が明確+志望"群"として数社あげられる」割合、約74%
  第一志望群になった『きっかけ』、1位「会社説明会に参加して」25.1%(前回比+7.6pt)、
  2位「大学入学前からの憧れの企業」17.6%(前回比+1.4pt)、3位「ISに参加して」16.3%(前回比-1.2pt)

4.参加した1day「良かった」「悪かった」プログラムとその理由について
  ≪良かった≫『GW』「丁寧なフィードバックがあった」「自己分析など今後に役立つ内容だった」
  『業務体験型』「社内を見学し職場環境や社員の雰囲気がわかった」「営業の動向で仕事の理解度があがった」
  『社員との交流会』「実際に働いている社員の生の声を聞けた」
  ≪良くなかった≫『GW』「説明が多くワークの時間が少なかった」「フィードバックや結論がなかった」
  『会社説明会』「WEBでもわかる内容だけだった」「質問する時間が少なかった」

5.就活中に志望度が『上がった企業』について。そのきっかけ「担当者の熱意」「人柄」「丁寧な対応」
  IS/説明会/面接等で担当者の「説明内容や熱意」「対応の丁寧さ」等がきっかけになる傾向。
  逆に就活中に志望度が『下がった企業』のきっかけ「連絡が来ない」「対応が雑」「担当社員が疲れている」等。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sample_pdf概要・設問一覧ファイルDL

【バックナンバー】