人材採用の総合ソリューションパートナー

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

人材採用の総合ソリューションパートナー

  • HOME
  • 就職情報研究所
  • ブンナビ学生アンケート
  • 【2022卒】学生アンケート調査【7月版】(22卒最終回)

就職情報研究所

ブンナビ学生アンケート

2021.07.18 【2022卒】学生アンケート調査【7月版】(22卒最終回)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.就活終了7割超。昨対同時期を上回る
  「現在の就活状況」に対し「就職活動終了した」70.8%(前回比+20.5pt)と、昨対比+17.0ptで大幅増。
  内々定「1社以上」保有も84.1%(前回比+8.3pt)で、昨対比+4.3ptと微増。

2.就活で一番使ったお金「服装関連」約2人に1人。昨対で「交通費・宿泊費」を上回る
  「就活に使ったお金で一番多かったもの」について、「服装関連」49.4%が最も多い結果となった。
  一方「交通費・宿泊費」30.5%は、昨対比-20.9ptと大幅減に。
 
  具体的な費用は、「服装関連」平均24,708円・「交通費・宿泊費」平均18,328円でそれぞれ
  昨対比-2,958.9円・-16,767.3円と減額となった一方、「勉強費(参考書代・有料講座等)」
  平均12,045円で昨対比+2,188.3円と増額の結果に。
 
  なお、「就活前にいくら準備しておくべきだと思うか」は、平均95,455円と昨対比-30,795.5円となった。

3.(自由記述)就活費用捻出の工夫
  費用捻出のため、フリマアプリで物を売ったり、説明会等をなるべくオンラインで参加したといった声も。
 
  工夫したこと
  「フリマアプリで物を売った」「フリマアプリで自分の物を売り、少額だがお金を得た」
  「先輩方から面接の本を譲り受けた」「Go toの利用」「企業訪問のお金はオンラインにすることにより
  ほぼ0に抑えた」「オンラインで 済ませられるものは、オンラインにした」「主にウェブ面接を利用した」
  「コロナの影響で金銭を使うことはなかった」等

4.将来の理想年収と結婚・仕事。「結婚という言葉に囚われず、2人で生きていきたい」という声も
  「将来30歳になったときの理想年収」について平均「599万円」と、昨対比+22.1万円となった。
  また、「将来の結婚と仕事」は「結婚しても共働きしたい」74.0%で、昨対比+4.3ptで微増。一方、
  「結婚したいと思わない」層の中には、「結婚という言葉に囚われず、2人で生きていきたい」という声も。
 
  結婚したいと思わない理由
  「キャリアアップの機会を逃すため」「バリバリ仕事がしていたい」
  「1人の時間を持ちたいからです。 現在の彼女もそのような考えなので、結婚という縛りなく2人で
  ゆっくり暮らしたいためです」「一人が好きだから」「結婚願望がない」等

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sample_pdf概要・設問一覧ファイルDL

【バックナンバー】