人材採用・人材育成の戦略パートナー

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

人材・採用育成のパートナー

就職情報研究所

ブンナビ学生アンケート

2019.09.02 【2021卒】学生アンケート調査【8月版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.インターンシップに「既に参加した」学生半数超
  インターンシップに「既に参加した」学生53.1%(前回比+23.7pt)と増加。
  また「既に参加した」学生に対し、「インターンシップに参加した企業の採用本選考に
  応募するか」を質問したところ「応募したい」80.5%(前回比+18.3pt)と8割超。

2.就職先として"許容できる"企業規模「準大手」が半数超
  就職先として"許容できる"企業規模「準大手企業」が50.3%と最多。「中小企業」についても
  4人に1人が許容できると回答。一方で、就職先として"希望する"企業規模は、
  「大手企業」が約6割と最多。「中小企業」は13.6%にとどまり、学生の大手志向が明確に。

3.「通年採用」へのイメージ。新卒採用活動の時期が「早期化する」約8割
  「(1~2年生などの)低学年から新卒採用活動が始まること」40.4%、「3年生向けの早期から
  新卒採用活動が始まること」36.9%と、約8割の学生は「通年採用」に対し、現在よりも早期化するイメージ。
  また、通年採用「反対」は12.3%にとどまるが、通年採用により学生生活が疎かになる
  という懸念も。反対の理由「学生の本分である勉強などよりも就職活動を優先してしまうため」
  「やりたいことを思い切りやれずいつでも『就活のために〇〇する。』と考えてしまいそう」等

4.AI面接を導入する企業について、学生の約3人に1人「反対」
  AI面接を導入する企業についてどう思うかに「反対」34.6%と、「賛成」17.7%を上回った。
  反対の理由「表情、雰囲気など、人となりを見てほしいから」「人と人でしかわかり得ない
  心情的なとこを判断できないから」「自分の人柄や企業とのマッチングを正確に測れないから」等
  人柄や感情等、従来の面接で評価された要素を、AIで評価されないのではという懸念が目立つ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sample_pdf概要・設問一覧ファイルDL

【バックナンバー】