人材採用・人材育成の戦略パートナー

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

人材・採用育成のパートナー

就職情報研究所

ブンナビ学生アンケート

2019.08.07 【2021卒】学生アンケート調査【7月版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.7月中旬まででのインターンシップの参加。4人に1人以上「既に参加した」
  「既に参加した」29.4%(前回比+18.6pt)。参加した期間は「1day」81.4%(前回比+24.6pt)。
  「既に参加した」うち、今後同企業の別プログラムがあれば「参加したい」70.6%(前回比+17.9pt)。

2.インターンシップ[1day]という期間について「短い・不満」43.8%。2days以上が望まれる
  「十分・満足」は全体で56.3%(前回比-5.7pt)に対し「短い・不満・内容が薄い」は全体で
  43.8%(前回比+5.7pt)。中でも女子の「短い・不満・内容が薄い」は50.0%となった。
  なお「インターンとして適切と思う期間」について、2days以上が約8割。
  2days以上の理由「企業や業界を知るため3日以上は欲しい」「1日では足りない気がするから」等

3.インターンシップは選考につながっていると思うか「はい」86.0%
  採用選考に「つながっている」と思っている学生が86.0%(前回比-0.8pt)の一方で、
  「インターンは採用選考に『つながっていてほしいか』」に対し、約3人に1人は「いいえ」と回答。
  理由に「早くから可能性を狭める恐れがあるため」「インターンに行けない学生に不利に働くから」
  「あくまで企業研究としてインターンシップを受けるから」等

4.秋以降への学外合説型イベントへの参加予定7割超
  学外合説型イベントへの参加意識について調査。秋以降参加予定は73.9%。
  「5月~6月に参加した」は66.4%という結果に。学生の意識としては、秋以降に高まっていく模様。
  また、学外での就活イベントで興味のあるものは「選考対策型」約6割。

5.将来性のあると思う業界「通信・情報・インターネット」が30.4%とトップ
  理由として「成長産業であるから」「今後もインターネット関連に需要があると感じるため」等。
  また、将来性のあると思う業界を「志望しない」は、全体の43.9%にのぼる。
  理由として「学んできたことが活かせないから」「他にやりたいことがあるから」「興味がないから」等。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sample_pdf概要・設問一覧ファイルDL

【バックナンバー】