人材採用・人材育成の戦略パートナー

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

人材・採用育成のパートナー

就職情報研究所

ブンナビ学生アンケート

2019.07.01 【2020卒】学生アンケート調査【6月版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.6月調査、内々定保有率「75%」超え。第1志望の内定をもらった「60%」
  『就職活動を終了した』理由について「第1志望の内定をもらったから」が60%(昨対比-5.6pt)
  で最も多く「当初と違うが納得する企業から内定をもらったから」が22%(昨対比+10pt)となった。

2.内定をもらった企業についての不安なこと「自分の能力が通用するか」がトップ
  1位「自分の能力が通用するか」41.3%、同率2位「会社の将来性」と「人間関係」が32.1%、
  また『入社予定先から、入社前にフォローしてほしいこと』は、1位「内定者懇親会の開催」64.9%。

3.未内定の学生、これからの就活方針「志望業界を変える」が昨対比で大幅アップ
  「中小中堅企業の駒を増やす」53.9%(昨対比-6.8pt)「今からエントリー数を増やす」52.6%(昨対比+9.8pt)
  一方「志望業界を変える」27.6%(昨対比+16.9pt)と昨対比から大幅にアップした。
  また「新卒紹介」サービスの登録状況についても調査。「3社以上に登録」は40%超え。

4.『就職活動中、変わった選考方法』について調査。「グループワークで餃子を作って食べる」他
  変わった選考方法の中には近年増加傾向の「AI面接」「動画選考」や「LINE使用しての選考」も。

5.社会人になるまで伸ばしたい語学力、知識について「中国語」がトップ
  『英語以外で将来的に学びたい語学』について調査。結果は「中国語」が一番多く次に「韓国語」と
  アジア圏が多い傾向。その後は「スペイン語」「フランス語」「ドイツ語」とヨーロッパ圏が続いた。
  また『データサイエンティストの領域について興味はあるか』については約半数は
  「データサイエンティストについてよくわからない」と回答。「興味があり勉強中」は約6%に留まる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sample_pdf概要・設問一覧ファイルDL

【バックナンバー】