人材採用・人材育成の戦略パートナー

株式会社文化放送キャリアパートナーズ

人材・採用育成のパートナー

就職情報研究所

ブンナビ学生アンケート

2018.06.15 【2019卒】学生アンケート調査【5月下旬版】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.内々定保有率約7割、選考解禁直前調査で過去最高水準、1/4が活動終了、内定先満足度も高い
  内々定保有率67.2%(昨対比+19.7pt)、活動終了も25.1%(昨対比+8.3pt)
  内々定保有者の6割超が「入社したい」、特に男性は75%が「入社したい」と回答
  └「別の会社に」「入社したくない」の理由:「大手に行きたい」「労働条件」「第一志望でない」

2.承諾する判断基準は「企業HP」「社員・OBOG」「口コミ・条件」、6月前の内々定の約束も増加
  承諾時の参考TOPは「企業HP(75.8%)」、次いで「社員・OBOG」、「口コミ」「離職率・残業等の数値」
  「内定出しの約束」も増加、形式は「口頭」が減少し、「文章・メール」が増加傾向

3.男女の違い・大学名による就職格差・エピソード
  男女差「違いを感じたことはなかった」がTOP(51.8%)、「違いはあるが有利不利は言えない」が30%
  大学名による格差「あると感じた」は約7割、「ES・応募書類の扱い」などで感じる傾向
  各学生の選考状況(P.13-15/Q.14) ・ 格差を感じたエピソード(P.20-22/Q.69)

4.キャリアセンター活用は二極化、役に立ったプログラム
  キャリアセンターの利用状況、「5回以上利用」と「利用したことがない」が共に増加
  役に立ったプログラム:「学内説明会」「OBOG交流会」「面接対策」

5.面接対策は「Webの記事・参考書を読む」が中心、・面接アピール内容は半数弱が「バイト」
  面接対策の方法、「Webの記事を読む」がTOPで3割、面接時のアピールポイントは「バイト」4割
  うまくいった面接対策:「キャリア支援課の人に相談」「シミュレーション」「Webサイトで研究」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sample_pdf概要・設問一覧ファイルDL

【バックナンバー】